トップ / クライアントに価格交渉をする

フリーランスの価格決定

クライアントに価格交渉をする

相場やライバルの報酬額から値上げを

フリーランスを継続するには、生活に困らない程度の安定した収入が必要です。初めこそ時給換算で価格設定を行いましたが、同じクライアントと継続して取引をしているなら、仕事の熟練度によって単価を上げたくなるでしょう。

交渉のタイミングとしては、1つのプロジェクトが完了して、次のプロジェクトの発注を受ける時がベストです。またクライアントの決算期は、比較的社内の決済が通りやすく、単価アップの狙い目と言えるでしょう。

けれども、自分の希望額だけを一方的に提示すると価格交渉は決裂します。そこには明確な根拠が無ければいけません。その目安となるのが業種ごとの標準価格や、クライアントのライバルとなる競合他社が提示する報酬額です。

例えば前者の場合、「バナーの作成」には、1本あたり最低でも5,000円の報酬が発生するとします。現在の価格設定がそれ以下であれば、そこまで容易に引き上げられるでしょう。もし、競合他社では1本10,000円を支払ってくれるなら、それを提示して交渉するのが後者です。いつでも交渉に臨めるよう、こうした相場は常に把握しておきましょう。

できれば、このような提案は自分だけでなく、クライアントも得をする「WIN-WIN」の方向を目指さなければいけません。特にクライアントは、報酬に見合う成果が得られなかった時のリスクを最も恐れています。

不安を取り除くためにも、この価格交渉が新たな付加価値を生み出すという前向きな提案をしていきましょう。もちろん、自ら値上げ交渉をしたからには、クライアントの希望に応えるよう最大限の努力をします。

クライアントの期待値とフリーランスの成果が一致すれば、価格設定は双方にとって妥当な線で落ち着きます。そのためには、たとえフリーランスと言えども「共に良い仕事をしている」という相手との信頼関係を築くことが大切なのです。

Copyright © フリーの価格設定方法とは. All rights reserved.